カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

中国銘茶中国茶具中国茶器セット宜興紫砂壺耀州青磁お買い得中国茶器

 

張 泉林の茶壺

■張 泉林(ちょう せんりん)

在位 : 工芸美術師
所属 : 江蘇省工芸美術学会会員

張泉林は1972年生まれ、15歳より紫砂壺作りを学び始めその後国営工場勤務を経て独立を果たしました。中国茶と中国茶器の専門店「恒福茶具」では張泉林の制作する紫砂壺を一番にお勧めしています。彼の技術力は作品を手に取り、現物をご覧頂ければ納得される事と思います。宜興の若手作家のみならず中国の陶芸家は、伝統を重んじる事を優先して自己の作風を確立している作家が少ないと思います。張泉林はその作品からも感じられますが、彼独自の作風を模索しています。技術力の確かさと共に、そこが彼をお勧めする理由の一つでもあります。作家としての彼ですが、風貌はスポーツマンタイプでガッチリとした体型で、とても繊細な作品を生み出す茶壺作家とは思えません。身長は175cmを越え手も大きいので、その大きな手からどうして小さな繊細な作りの茶壷が生み出されるのか不思議です。彼と初めて会った時には、ティーシャツにジーンズを穿いて、腰には携帯電話、更にサングラス姿で、いかにもシティーボーイといった印象でした。彼を知るにつれて、内面の繊細さ、細やかな心配り、その性格からあの繊細な茶壺が生み出されるのだと納得しました。彼の奥様は周国琴という名前で、奥様も茶壺作家です。現在はお子さんが小さいので、奥様は作陶に専念できないようです。ちなみに彼もハンサムボーイですし、奥様も美人です。

■張泉林の紫砂壺作り実演

宜興の彼のアトリエを訪問した際に、このホームページ用に製作実演をしてもらいました。張泉林の名人技を画像でご覧下さい。名人作家が目の前で実演をしてもらえる機会は、望んでもなかなか見られるものではありせん。秘密の技術をお見せするほど長時間実演してもらった訳ではありませんが、その時間は90分程度です。茶壺の原型は、わずか60分程度で出来上がってしまいました。彼に一個の茶壺を作るのにどれ位の時間が掛かるのかと聞いたのですが、小さな茶壺で20時間〜30時間と言っていました。つまり原型はわずかな時間で出来てしまうのですが、細かい調整と造形に延々と時間が費やされているのです。彼が一月に製作できる茶壺の数は、作陶に専念してわずか十数個です!その価値観を窺い知る事が出来ますね。それでは、実演をご覧下さい。